au光とドコモ光「最大キャッシュバックをもらうには」

ドコモ光のプロバイダーで一番最強のプロバイダを選び抜く

これからドコモ光の導入を検討している人はプロバイダに悩むかと思います。キャッシュバックが高くて、口コミがよくて、回線が安定しているプロバイダを選びましょう。

当サイトでは回線業者の営業をしていた私がドコモ光で最強のプロバイダーを厳選しています!

ドコモ光の中で一番最強のプロバイダーはどこなのか、月額料金の安さや、キャンペーンの豊富さや、確実に受け取れるキャッシュバックなどから比較していきたいと思います。

キャッシュバックが受け取れなかったりする悪質なプロバイダーなどから身を守るためにも、いろいろな知識を身につけておきましょう!

ドコモ光で一番特典が多くて安いプロバイダ

ドコモ光の数あるプロバイダの中であらゆる面で優れているのは圧倒的に「GMOとくとくBB」でしょう。

大量にあるプロバイダの中でなぜGMOとくとくBBが一番得するのかといえば、確実にもらえるキャッシュバックや、月額が安くなるキャンペーンの豊富さ、回線の安定性などが口コミでピカイチだからなんです。

なお、ドコモ光に申し込むときは代理店から契約するのはやめておきましょう。

なぜ代理店がおすすめできないのかというと、キャッシュバックまでの時間が半年とか1年とかそういうレベルだからです。

詳しいことは当サイトで解説しています。

GMOとくとくBBに申し込むときは、キャッシュバックの手続きが簡単な次のページから申し込みましょう。

ドコモ光のプロバイダを変えると何が変わるのか?

プロバイダを比較する前に、プロバイダを変更すると何が違うのかを解説していきたいと思います。

光回線自体はドコモ光だったとしても、プロバイダーを変えるだけで次のような箇所が変わってきます。

キャッシュバックキャンペーンの総額、ルーターが無料かどうか、回線の実測スピードなど。

何を根拠に選んでいけばいいのか一つずつ見ていきましょう。

選び方1 月額料金が安いタイプかどうか

そもそもとしてドコモ光はどこのプロバイダで契約するかによって月額料金が違ってきます。

料金が数百円高いタイプBと安いタイプAがあります。それぞれの対応プロバイダは以下になります。

戸建て月額料金 タイプA:5,720円 タイプB:5,940円

マンション月額料金 タイプA:4,400円 タイプB:4,620円

タイプA:ドコモnet、ぷらら、ビッグローブ、DTI、GMOとくとくBB、@nifty

タイプB:OCN、@Tcom、AsahiNet、TNC、WAKWAK、ちゃんぷるネット

実を言うと、このタイプというのは回線が速いとか遅いとかそういう問題ではなくて、ドコモとどういう契約体系をしているかによるのです。

タイプAでもBでも回線速度が速いとかの違いはないので、正直どちらを選んでも変わりません。

毎月数百円の違いだったとしても、年単位で考えると数千円以上の差額になります。なので、プロバイダはタイプAから選んだ方がいいでしょう。

もっと高いタイプのCやDなどもありますが、Bと同様に違いはありませんので、とくに契約する必要性もないと思います。

選び方2 回線速度は速くて安定しているかどうか

実際の回線速度は速いか、安定して使えるかどうかを見ていきましょう。

ドコモ光は最高速度が1Gbpsとなっています。ですが、これは理論値での最高速度に過ぎません。

光回線などのインターネット回線の本当の実測値をしるためには、実際に今現在ドコモ光を利用している人の情報を信頼するのがいいですね。

GMOとくとくBB 284.7Mbps

ドコモnet 253.5Mbps

OCN 236.0Mbps

@nifty 203.9Mbps

ハイホー 100.8Mbps

上の一覧のようにドコモ光はプロバイダによって約100Mbpsくらいも平均速度が違ってきます。

ではなぜこれだけの差が生まれるのでしょうか?それは最新のv6という規格に対応しているかどうかの違いなんです。

また他にも、レンタルしている端末の違いや、プロバイダと自宅との距離などによっても回線速度が変わるので、できるだけ利用者の口コミを参考にするのがおすすめです。

選び方3 ルーターが無料かどうか

次の選び方のポイントとして、端末が無料で使えるかどうかをチェックしましょう。

ゲームやスマホでも直接回線に接続しないで自宅のWi-Fiから接続している人が多いのではないでしょうか。

このWi-Fiを飛ばしているルーターを無料でレンタルしてくれるプロバイダと、有料でレンタルしているところがあります。

Wi-Fiの端末を無償で貸し出してくれるところと自分で用意しなければいけないところには次のようなところがあります。

無料レンタルあり:ぷらら、ビッグローブ、OCN、hi-ho、GMOとくとくBB、@nifty

無料レンタルなし:ドコモnet、DTI、@Tcom、AsahiNet、WAKWAK、エディオンネット

一例として、ドコモネットは端末レンタルで毎月の月額料金に300円が加算されます。

ルーターは種類が多くて、間違ったものを選ぶと回線速度が落ちてしまったり、安定しなかったりします。

端末について詳しくわからないという人は、無料で端末をレンタルしているところを選びましょう。

選び方4 キャッシュバックキャンペーンの豪華さ

最後のプロバイダ選びのコツとしては、キャッシュバックでいくらもえるかです。

主要なプロバイダのキャッシュバックキャンペーンは以下のようになっています。

GMOとくとくBB CB額:20,000円 受取時期:5ヶ月後

OCN CB額:20,000円 受取時期:2ヶ月後

@nifty CB額:20,000円 受取時期:12ヶ月後

plala CB額:15,000円 受取時期:5ヶ月後

上記にはのっていないプロバイダでドコモ光を契約したとしてもキャッシュバックをもらうことはできません。

どこのプロバイダを選択しても、ドコモ光の料金や最高速度は同じになります。なので、ドコモ光を契約するなら一番特典が豊富なプロバイダから選びましょう。

なおどこのプロバイダで契約したとしても、ドコモ光がやっている工事費無料特典は受け取ることができます。

ドコモ光の上位のプロバイダを比較してみました!

上記のプロバイダの選び方4つを踏まえた上でのプロバイダ比較表を見てみましょう!

GMOとくとくBB 平均速度:284.7Mbps CB額:20,000円

ぷらら 平均速度:228.4Mbps CB額:15,000円

@nifty 平均速度:203.9Mbps CB額:20,000円

hi-ho 平均速度:100.8Mbps CB額:なし

ビッグローブ 平均速度:240.3Mbps CB額:なし

すべてを踏まえて一番おすすめのプロバイダはやはり「GMOとくとくBB」ですね。キャッシュバックも高額な部類に入って、回線速度も速くて、端末も無料です。

最近では在宅勤務でテレワークやリモートワークなどが増えてきていて、高速設備が必要になってきています。

インターネットをせっかく使うのであれば、回線速度が安定しなかったり、遅かったりというのは少なくしたいものですね。

ドコモ光で最強のプロバイダはダントツでGMOとくとくBBでした!

ドコモ光でとにかくおすすめなのがGMOとくとくBBですね。回線速度も申し分なくてキャッシュバックも高くて、その他のキャンペーンも充実しています。

パソコンでWi-Fiを使いたい人も、高速通信のできるルーターを無料でレンタルしてくれるので、自分で用意する必要もありません。

GMOとくとくBBはプロバイダの公式サイトから契約するのが一番おすすめです。下記のリンクから申し込むと2万円のキャッシュバックがもらえます!

GMOとくとくBBのメリット3つ

メリット1 口コミがよくて回線が安定している

GMOとくとくBBでは、実際のお客さんの回線スピードを毎月公開していて、最近のでいうとダウンロードスピードが平均で約340mpbsくらい、アップロードスピードが平均で300Mbpsくらいとなっています。

GMOとくとくBB以外のプロバイダを見てみると、ここまでリアルな数値を後悔していないので、GMOとくとくBBは相当な自信があるということが見てうかがえますね。

他にもいろいろなサイトの口コミ情報を見てみると、700Mbpsを超えている人もたくさん見受けられました。

他のプロバイダよりもこんなにも早いのかGMOとくとくBBに直接聞いてみたところ、設備にかなり投資しているようです。

GMOとくとくBBの回線速度はネットだけに限ったことではありません。PS4やスイッチなども快適に使いこなせているという口コミも多数見受けられます。

快適につながるネット環境は欠かせませんよね。実際に楽しんでいる口コミが多いと信頼感が抜群にあります。

メリット2 高性能な高額のWi-Fiルーターを無料レンタル!

GMOとくとくBBでは通販で購入すると万単位のルーターを無料でレンタルしてくれます。

さらに、この端末をGMOで初期設定を終わらせてくれているので、家に届いたらUSBを接続してすぐに使うことができるという優れものです。

パソコンの設定などに詳しくないという人は、このサービスはとてもありがたいと思います。

工事の日程が決定すると、電話でルーターレンタル手続きの案内がかかってきます。

光回線の工事が終わったらすぐに使えるように、ルーターのSMSが来たらすぐに手続きをしておきましょう。

メリット3 2万円の確実なキャッシュバック

ドコモ光をGMOとくとくBBのキャンペーンサイトから申し込みをすると、オプションがなくて2万円のキャッシュバックを受け取ることができます。

GMOとくとくBBと同額の2万円のキャッシュバックをもらえる@niftyでは、なんと光テレビやスカパーなどのオプションを付かなければ2万円をもらうことはできません。

また他にも、dポイントや家電量販店のキャッシュバックは利便性が悪いのでおすすめできません。

こういった点では、GMOとくとくBBなら5ヶ月後に現金で振り込んでもらえるので、とても便利ですね。

GMOとくとくBBのデメリットとは?

デメリット1 回線速度が遅くなるときもある

光回線のスピードが高速で安定していると有名なGMOとくとくBBですが、不安定になってしまう瞬間もあるにはあります。

光回線やその他の固定回線は、その家の立地条件や、角部屋かどうか、近くにマンションが密集しているかどうかなど、あらゆる条件に左右されるので、ある程度の回線速度は予測できても、本当のスピードというのは実際に導入してみるまではわからないものです。

ですが、光回線を選び抜いて、プロバイダを選び抜いて、工事の時間をさいて、せっかく導入したわけですから、遅いのは避けたいですよね。

インターネット回線が遅くなってしまったら、v6プラスが使用中かどうかをチェックしてみましょう。

GMOとくとくBBの光回線がなんか遅くなってしまったな…とか、接続が途切れるようになってしまったな…と感じた場合は、とあるサイトにアクセスしてv6プラスで光回線に接続されているかどうかを確かめましょう!

v6プラスというのは、GMOとくとくBBから無償でレンタルしているWi-Fi端末を持っていればつなぐだけで使うことができます。

v6プラス接続で使っているユーザーの口コミなどを参考にしてみると、実際に変えてみたらかなり早くなったという口コミが多数寄せられています。

v6プラスになっているのに回線速度が遅かったりした場合は、LANケーブルを新品にしてみたりしましょう。

デメリット2 キャッシュバックの申請に注意が必要

GMOとくとくBBは、光回線が開通後4ヶ月目にキャッシュバックの申請ができるメールが送られてきます。

キャッシュバック案内通知のメールが送られてくるのは、GMOとくとくBBを契約したときに登録したメールアドレスになるので注意が必要です。

どういうことかというと、GMOとくとくBBのキャッシュバック案内メールは、自分のメールボックスを見ているだけではだめで、自分でアクセスする必要があります。

以上のようなことから、ドコモ光が開通したらキャッシュバックの案内メールが送られてくる時期をカレンダーに記しておきましょう。

ちなみに、キャッシュバックの申請には期限があって、申請案内メールが到着したら翌月の末までに登録を完了させないとキャッシュバックがもらえなくなってしまうので注意してください。

プロバイダだけを変更する手順

ここからは、ドコモ光のプロバイダだけを変更したり変更するステップを解説していきたいと思います。

もしもプロバイダが自分にあわなかったときは、次の手順で変更が可能です。

1,電話でカスタマーセンターに変更を申し込む

2,変更の書類が送られてくる

申し込みからプロバイダを切り替える日数は最短で1週間くらいです。希望日があるのであれば自分で申し込むこともできます。

なお、ドコモのお客様センターはドコモの携帯から151ですぐに接続することができます。

お客様センターが混み合っていてつながらないときは、ネットから予約するという手もあります。

ドコモ光のプロバイダを変更すると手数料が約3000円くらいかかってしまいます。この手数料は翌月に月額費用とともに請求されます。

ドコモ光で一番最安のプロバイダとは?

ドコモ光のプロバイダは結局のところどこが一番お得なのでしょうか。

そもそもドコモ光はプロバイダを選び間違えると数万円も損したり得したりします。

星の数ほどあるプロバイダの中で確実に受け取りやすいキャッシュバックがあり、回線速度も安定しているのが「GMOとくとくBB」で、当サイトが一番おすすめしているプロバイダです。

当サイトでは長年の光回線比較サイト運営実績から導き出した、圧倒的な情報量を元に、一番得するプロバイダを検証しています。

当サイトを一度読んでいただければ、ドコモ光のプロバイダで一番得するところがわかっていただけると思います。

ドコモ光で最高のプロバイダを選ぶ方法

まずは自分にとって一番合っているプロバイダを選び抜くために知っておきたいポイントを解説していきたいと思います。

ですが、このコツなどを解説する前に、まずはプロバイダの基礎知識について身につけておきましょう。

そもそもプロバイダというのは、インターネットの世界に入るための関所のような役割を果たしており、かならずこのプロバイダをかませないとインターネット回線には接続できないようになっています。

だいたいの光回線はプロバイダとセットでの申し込みとなっているところが多いですが、別個に契約することもできるのです。

また、プロバイダから光回線を契約することにより、今までよりも得するキャンペーンを受けられるパターンが増えてきています。

ドコモ光を契約するときに選べるプロバイダにはたくさんあって、代表的なものにGMOとくとくBB、ぷらら、@nifty、DTIなどがあります。

プロバイダ各社によって割引額などが大幅に違うので、選ぶ時は厳選して、本当に得するようなところを選びましょう。

ポイント1 現金の高額キャッシュバック

公式サイトやドコモのショップではなく、プロバイダのキャンペーンページから申し込みをすることによって、プロバイダ独自の特典を適用してもらうことができます。

ちなみに、独自のキャッシュバックを一番受け取る方法としては、オプションがいらないプロバイダの中から最高金額のキャッシュバックをしているところを選びましょう。

GMOとくとくBBのキャンペーンサイトからドコモ光を契約すれば、星の数ほどあるプロバイダの中でも最高額の2万円がもらえます。

ポイント2 基本料金が安いかどうか

ドコモ光ではプロバイダを自分の意志で選択することができますが、毎月支払う基本料金はいくつかに分かれており、中でもタイプAのものを選びましょう。

たくさんあるプロバイダの中には料金が安いAタイプと、料金が高いBタイプがありますが、回線のクオリティーは変わらないのでご安心ください。

なお、AタイプとBタイプ以外にも、単独タイプと呼ばれているプロバイダがないプランだと、基本料金が安くなる代わりにプロバイダを別で契約する必要があります。

ポイント3 ルーターを無料でレンタル

プロバイダの中には、光回線を快適に楽しむためのルーター端末を無償でレンタルしているところもたくさんあります。

Wi-Fiルーターを接続することにより、家中どこにいてもタブレットやパソコンやスマホで光回線を楽しむことができるので、端末はあった方がいいですね。

プロバイダの中には超高性能な高額な端末を無料でもらえるところもあるので、Wi-Fiルーターをすでにもっているという人でも、さらにバージョンアップされた機種を手に入れる機械なのではないでしょうか。

ポイント4 セキュリティがしっかりしているか?

プロバイダによっては無料のオプションとしてセキュリティソフトを無料で使わせてくれるところもあります。

無料でウイルスソフトが使えるのは1,2年くらいとなっていて、パソコンやスマホを安全に光回線に接続できる無料レンタルに対応しているプロバイダを選びましょう。

ポイント5 回線のスピードと安定度

ドコモ光のダウンロードの理論値は1Gbpsとなっていますが、プロバイダの選び方を間違えると半減してしまうこともあります。

そもそもインターネットというのはエリアごとに基地局が設置されていますが、そのエリアごとにプロバイダの設備が設置されています。

さらに、基地局に対する利用者が多ければ多いほど混雑するので、通信速度がどうしても遅くなってしまう可能性があります。

v6プラスという接続方式になっているプロバイダを選択して、v6プラスに対応したルーター端末を使えばこの問題は解消されるでしょう。

v6プラスという接続なら混雑を生み出しにくくなるので、回線が不安定になったりということも解消されるでしょう。

以上、ドコモ光のプロバイダを選び抜くコツをたくさん解説してきましたが、すべてのいい条件を満たしているのはダントツで「GMOとくとくBB」なので、ドコモ光を検討している人はぜひおすすめです!

最強に得するプロバイダはこれしかない

実際のところドコモ光が一番お得になるプロバイダがどこなのかを検証してみました。

v6プラスという技術はプロバイダの接続方式で、混雑しない最新の方式となっています。

エリア内で光回線が混雑しているとたまに遅くなったりしますが、そういった心配が少ない接続方式です。

v6プラスを使っていて回線が遅いという口コミを見たことがないくらいの早さで、v6プラス方式を採用しているプロバイダがそういう意味でもおすすめです。

GMOとくとくBB キャッシュバック:20,000円 タイプA:◯ 無料ルーターレンタル:◯ 無料セキュリティ:◯ v6プラス対応:◯

@nifty 20,000円 キャッシュバック:20,000円 タイプA:◯ 無料ルーターレンタル:◯ 無料セキュリティ:◯ v6プラス対応:◯

ぷらら 15,000円 キャッシュバック:15,000円 タイプA:◯ 無料ルーターレンタル:◯ 無料セキュリティ:◯ v6プラス対応:◯

OCN 20,000円 キャッシュバック:20,000円 タイプA:× 無料ルーターレンタル:× 無料セキュリティ:◯ v6プラス対応:◯

DTI キャッシュバック:なし タイプA:◯ 無料ルーターレンタル:◯ 無料セキュリティ:◯ v6プラス対応:◯

BIGLOBE キャッシュバック:なし タイプA:◯ 無料ルーターレンタル:◯ 無料セキュリティ:◯ v6プラス対応:◯

上記の一覧表のように、GMOとくとくBBなどは2万円もの業界最高峰のキャッシュバックキャンペーンがあります。

GMOとくとくBBはさらに、無料でもらえるWi-Fi端末があるので、かなりメリットが多いといえるでしょう。

GMOとくとくBBで無料でもらえる端末のクオリティーは高いものばかりなので、最高速度が速いものばかりのラインナップとなっています。

GMOとくとくBBの端末がどれくらい早いのかが一目瞭然にするために、他のプロバイダでレンタルされている端末と比較してみました。

GMOとくとくBB WSR-2533DHP3(BUFFALO) 小売価格:約9000円 1733Mbps 800Mbps

ぷらら WN-AX1167GR2(IODATA) 小売価格:約5000円 867Mbps 300Mbps

@nifty WRC-1167GST2H(ELECOM) 小売価格:約7000円 867Mbps 300Mbps

上記の一覧を見てみると、GMOとくとくBBで無料でもらえるルーターが他のプロバイダのものよりダントツで早いですね。

すべての端末で2つの帯域を使用することが可能ですが、それぞれの帯域で最高速度が違っていて、その速度が価格に反映されています。最高速度が出る方が効果になっています。

v6プラスの光回線が使えるので、Wi-Fiルーターはできる限り早く、高価なものを手に入れることをおすすめしています。

最先端の超高速端末を無料で手に入れられるのですから、GMOとくとくBBは他のプロバイダよりもすばらしいプロバイダだといえますね。

キャンペーンや実質月額面でもナンバーワンですが、こういったところでもダントツですごいGMOとくとくBBが最強のプロバイダだと思います!

ドコモ光のプロバイダ選びなら「GMOとくとくBB」がナンバーワン!

GMOとくとくBBは東証一部上場のGMOインターネットが経営しているプロバイダで、光回線を導入する場合はとにかく最強クラスにおすすめです。

GMOとくとくBBは光回線の本契約のみで2万円のキャッシュバックがもらえて、さらに次のようなキャンペーンもついています。

1,dポイント最大2,000pt

2,Wi-Fiルーター無料レンタル(v6プラス対応)

3,ドコモ光専用無料訪問サポート(1回)

4,セキュリティ1年間無料(マカフィー)

上記のようなメリットが盛りだくさんなので、光回線の導入を検討している人にはおすすめです。

ドコモ光を公式サイトから契約すると、ドコモのポイントが1万ポイントもらえるだけですが、GMOとくとくBBを経由して申し込むことにより2万円もの現金がすぐにもらえます。

たとえばですが、契約期間が2年間だったとして、キャッシュバック金額を2年間の総額から引くと、1ヶ月あたりの実質的な月額はかなり安くなると思います。

たとえば、ドコモ光の何の特典もないところから契約した場合は実質的な月額が4300円くらいですが、GMOとくとくBBのキャッシュバックで差し引いたら3800円くらいと、かなり安くなります。

GMOとくとくBBなら実質月額料金がかなり安いというメリットがありますが、さらにいいところは通信速度がハイスピードで安定しているというところではないでしょうか。

GMOとくとくBBなら、通信速度が快適に使えるv6プラスにも対応していて、高速通信ができるルーター端末をレンタルできるので、ナンバーワンにおすすめのプロバイダになります。

GMOとくとくBBの場合は、通信速度が速いという口コミが多くて、100Mbpsを下回ったら100円相当のポイントをもらえるというサービスも実施しています。

プロバイダを変えたいときの変更方法と注意点

ドコモ光を使っている利用者の方であるならば、プロバイダの変更について考えている人もいるかもしれませんね。

ここでは、ドコモ光のプロバイダを変更する時の注意点などについて解説していきたいと思います。

プロバイダを変更する時の料金

ドコモ光でプロバイダを変えるときは、次のような費用がかかるようになっています。

ドコモ自体の事務手数料が約3000円とプロバイダ自体の解約金や違約金など。

なお、単独タイプからタイプAまたはBへの変更は事務手数料がかかりません。

ちなみに、プロバイダの解約などの手続きはドコモ光がやってくれるので楽ちんです。

しかし、オプションの解約などについては、ご自身でプロバイダに連絡をして解約をする必要があります。

ドコモ光へ連絡して変更する

プロバイダの基本的なことであれば、次のような手順を使えばプロバイダを変更することができます。

プロバイダ変更の手順というのは、インフォメーションセンターへ連絡してショップへいくだけです。

ですが、プロバイダのオプションに加入しているときは、自分からプロバイダに連絡する必要があります。

プロバイダへの連絡が必要かどうかを確かめるときは、ドコモ光に連絡してみましょう。

プロバイダ変更によるメリットについて

プロバイダ自体の変更はすぐにできてしまうので、満足いかなければどんどん乗り換えていってもいいのではないでしょうか。

そもそもドコモ光のプロバイダを変更しようとしている人は、回線速度が遅かったり、つながりにくくなったりという不満な点を抱えていると思います。

こういう回線速度の不安定性に不満足感をもっているお客様はGMOとくとくBBなどのようにv6プラスの接続技術をもっているプロバイダに乗り換えましょう。

プロバイダのキャンペーンと併用できるキャンペーンとは?

プロバイダがやっている割引キャンペーンやキャッシュバックキャンペーンにくわえて、ドコモ光自体でも公式としてやっているキャンペーンが以下になるので、ぜひダブルで特典を受け取りましょう。

ドコモが公式サイトでやっているキャンペーンとしては、工事費が無料になるものと、ドコモ光セット割りという2つの割引があります。

ドコモスマホ利用なら割引できる

まず一つ目にドコモ光のセット割りというものがありますが、これは大変お得な割引キャンペーンとなっていて、ドコモの携帯をもっていると、1100円以上割引になるというものです。

たとえばですが、家族3人が全員ドコモの携帯を持っていたら以下のような割引になります。

戸建てプラン 月額料金:5,720円 割引額:3,300円 割引後の月額料金:2,420円

マンションプラン 月額料金:4,400円 割引額:3,300円 割引後の月額料金:1,100円

これらのように、家族みんながドコモのスマホを使っているとしたら、ドコモ光のセット割りはかなりお得になります。

ドコモ光の工事費が無料になる

ドコモ光は、新規に光回線を導入するご家庭の人向けに、工事費が無料になるというキャンペーンがあります。

ドコモ光の工事費、戸建ての場合は19800円、マンションの場合は16500円が無料になります。

なので、ドコモ光を新規契約して7ヶ月以内に使い始めることにより工事費が無料になってしまうのです。

ですが、NTT回線を現時点で利用している人は、キャンペーンを使わなくても、工事費無料で使用することができます。

ドコモ光の疑問質問に回答

ドコモ光のプロバイダの選び方などについて解説してきましたが、ここではドコモ光のプロバイダ、ドコモ光についての疑問点などについてまとめてみましたのでぜひ参考にしてください。

ドコモ光でゲームに適したプロバイダはありますか?

ドコモ光でプレステやスイッチなどのゲーム機を快適に使いたいときは、混雑が起こりにくい快適性が抜群なv6プラスを使っているプロバイダを選びましょう。

とくに通信速度の評判が最高クラスで、割引キャンペーンなども豊富で、高機能なWi-Fiルーター端末を提供している「GMOとくとくBB」が当サイトで一番おすすめのプロバイダとなっております!

v6プラスならアクセスが集中する夕方から夜の時間帯でも混雑しにくく、快適な光ファイバー生活を楽しむことができるでしょう。

回線を移転するときはプロバイダへも連絡が必要?

ドコモ光のサービスを移転させるには、プロバイダに別段として連絡する必要性はなく、ドコモ本体のお客様サポートから手続きを済ますことができます。

また他にも、ドコモ光から移転の手続きをすると、ポイントがもらえるので、こういったサービスも積極的に活用していきたいところですね。

移転先においては回線工事が必要なパターンもあるので、最低でも2週間以上前からは手続きを済ませておきましょう。

ドコモ光でテレビを見ることはできますか?

ドコモ光のテレビオプションをつけると、アンテナがいらずに無料のBS放送を楽しむことができますし、4K放送も見れます。

テレビオプションは毎月825円かかって、オプションでスカパーや有料放送を見ることができます。

普通の光電話をドコモ光の光電話に変えるとき

光電話をドコモの光電話に転用するときは電話番号が継続という形になります。

なお、ドコモ光の回線契約と、光電話の契約を同時申し込みすると、工事費用はかかりませんのでお得になります。

プロバイダだけを変えたいのですが?

ドコモ光を契約したあとでも、プロバイダだけの変更はできます。カスタマーセンターから変更しましょう。

ドコモ光のプロバイダを変更はできますが、月額料金などが変わることもあるので注意が必要です。

すでに光回線があれば工事不要

派遣員なしで工事をするというのは、ドコモ光に申し込むときに、以下のような理由で新規に光回線を引き込む必要がなくて、ドコモ光のネットを利用できるケースです。

フレッツやソフトバンクなどからドコモ光へ引っ越しをするときは、光回線がすでに自宅に導入されているので、工事をする必要がそもそもありません。

上記のような場合は、すでに設置されている光回線でドコモ光を開始することができます。

工事作業員なしでドコモ光を工事する場合でも、2200円かかるのですが、微々たる工事費ですね。